01/26/14

食育とは

食育の基本は、様々な食材や料理を体験する事によって、心身ともに健康な体を作る事が目的です。

身近にある食材でも、本来どのような形をしているのか解らない子供たちも増えています。

鶏はどのような生き物なのか、豚は、牛はどうなのか。鰯とアジの区別は出来るか、ねぎは、かぼちゃはどのように畑で出来るのか、そのような知っていて当然ことを教える事と共に、生産者や販売者の事も学ぶ事が食育です。

畜産や漁業、農産の面白さや、苦労を身を持って体験する事で、食材の大切さを知り、感謝の気持ちを持って食事をする事の意義をしるのです。

それこそが、人間の本来の姿で大切なものだと思い知ることにこそ食育の大義があります。

それが理解できれば、好き嫌いも無くなり、料理に対する興味も湧いてきます。

将来、職の道を志す子供達の助けます。

栄養士や環境保全や飼料などを研究する科学者を目指す子供達を作ります。

フランス料理のシェフや、日本食の料理人、イタリア料理のシェフ、そのすべてが以前は小さな子供だった事を忘れてはいけません。

おいしいモノを食べたい、食べさせてあげたい、そんな心の籠った料理が食べられるように、教育する責任を感じる事が、肝要です。

 

11/1/16

老眼のしくみ

最近、老眼になる年齢も早まってきているとの話を耳にしました。老眼とは近くのものが見えにくくなる症状ですが、どのような仕組みなのかを調べてみました。
http://www.minatomiraieye.jp/rougan/
それによると目の調整力は子供の頃がピークでその後は年々低下するというので驚きです。子供の時から目によい食べ物、栄養を積極的に摂ることも重要ですね。

子供の食育というと、和食離れの傾向は日本文化の危機だとも捉えられます。今は小学生の給食で和食がメニューの時は残す子も多いのだとか。つまり、この頃から和食に慣れ親しんでいない舌だと、多くの子供たちがこのまま大人になっても、味が大雑把にしか感じられなくなり、繊細な味の和食の文化が途絶えてしまうのではないかというわけです。健康を考える上でも毎日の食事や栄養は大切であり、また日本の文化の継承にとっても大切であると考えられます。

Continue reading

09/17/16

ヒューマンフローラで肌改善

ネットの口コミで評判がよかったヒューマンフローラのスキンケアを試してみようと思っています。秋めいてきたこの頃ですが、空気が乾燥してくるとどうしても肌がガサガサになってしまいます。化粧ノリも悪く夕方には崩れてしまい、年齢も一気に老けて見えるというか。肌がきれいかどうかで若さの印象が変わりますよね。
外からのケアだけではなく内側からも、、となるとやはり栄養バランスが重要です。大人だったら足りない栄養素を工夫して摂る事ことができますが、特に好き嫌いの多いお子さんの場合は難しいものがありますね。何よりも本人が食べたくないものを無理やり食べさせて食べること自体を悪化させては元も子もありません。
そこで、食にまつわる絵本や映画を一緒に観るのもひとつです。最近も幼稚園を舞台に味噌作りを行う園児たちのドキュメンタリー映画が公開されました。大人でも食べること、作ることの大切さに気付かされます。食欲の秋にぜひ。

Continue reading

09/24/15

水素水は高濃度のものを

以前から水素水を飲んでいましたが、水素水も高濃度のものかどうかを気にするようになりました。特に夫は今年からマラソンを始めたので運動のあとの水は水素水を飲んでもらっています。夫いわく「疲れが残らなくなった」と言いますが、高濃度の水素水のおかげかもしれません。また、体力がついてきたことも関係していると思います。何事も継続は力なり、ですね。今年の健康診断はこれからですが結果が楽しみだねと話しているところです。
スポーツ選手の奥さんは夫の健康管理が仕事だろうと思いますが、活躍されている選手の影には有能なサポーターの存在が欠かせないのだなと思います。本当に人間てINとOUTで成り立っているんだなと思います。

私自身も健康によいものは積極的に生活に取り入れるタイプですが、年齢とともに臨機応変に変化させればよいと思っています。子供たちには自然で安心・安全なもので育ってほしいと思っています。5年後、10年後の身体づくりを任されているかと思うと一食一食が大事だなぁと感じます。

Continue reading

05/27/14

セラピストになるためのスクール

同じマンションで仲良くさせてもらっている方がいるのですが、セラピストのスクールで知識や技術を身につけたいと考えてるようです。彼女は子育てが一段落して自分の時間が持てるようになってきた時期です。もともと働き者で会社でも有望な存在だった彼女ですから、家事育児もしっかりしていて、本当に学ばせてもらうことも多いのです。明るくて気さくな方なので気が合うせいか、時々一緒にリラクゼーション目的でサロンや旅行に行ったりする仲です。
お子さんも明るくていい子なのですが、やっぱり奥さんが家族のムードメーカーみたいな感じなのでしょうね。学校や地域の様々な面倒なことも、彼女は嫌な顔ひとつせずに「楽しいこと」に変えてしまうんですね。人の悪口も言わないし、できない人にお説教や指導もしない。そこがまたすごいんだなと思います。一度彼女のお母さまとお会いしたことがあるんですがまったく同じ雰囲気でした。

Continue reading

02/25/14

若年性白内障について

先日、TVで白内障についての健康番組がやっていました。白内障は今はレーザー手術でできるそうで、手術の様子も映っていたのですがすごい医学の発達だなぁと感じ入ってしまいました。私も最近目の疲れやかすみが気になるので、定期的に検査を受けて気を付けて過ごしたいと思います。白内障・レーシックのレーザー手術 大宮七里眼科(さいたま市)
高齢者にとっては当たり前といってもいいぐらいの白内障ですが、若年性のタイプもあるんですね。そのテレビの情報によるとアトピー性皮膚炎やステロイド剤の影響も話していました。

実際、アトピーで悩んでいるお子さんも少なくないですよね。親としたら可哀想で心配だと思います。免疫力をあげる方法や食事法などが紹介されている本もたくさんあるので、是非参考にしてみてください。私は小児科の先生が書かれた本「子どもの病気は食べて治す」など、熱心に読みました。
Continue reading