おいしい食材の選び方

美味しい食材の選び方で、最も重要な点は鮮度です。

例えば、スーパーなどで生鮮食品を選ぶときもなるべく鮮度のいいものを選ぶことが大切です。

食材ごとに鮮度の見分け方は違ってきますが、きゅうりは触ってみた感じでとげが鋭く感じられるかどうかや、魚の場合は目が濁っていたり、充血したような見た目になっていないかが大切です。

肉の場合は、解凍したものが多いものですが、ドリップ(赤色の汁)がなるべく少ないものを選ぶと良いです。

ドリップが気になる場合は、専用のシートで吸収させたり、キッチンペーパーでふき取ると臭みが取れて美味しくなります。

野菜の選び方で、他に大切な点は重量感です。

キャベツなどでは、同じようなサイズであれば、ずっしりとしたものを選びます。

大根もなるべく太いものが良いといわれています。

玉ねぎは、高さのあるものより、へん平な形の物が味がよいことが多いです。

旬の時期、出盛り期には、質の良く、価格の安い野菜を手に入れやすくなります。

美味しい食材は、安心・安全であることも大切です。

最近では、スーパーでも地場産の野菜を売っている特設コーナーを設けている店舗も多く、地元の安心な旬の食材をリーズナブルに手に入れることができるようになっています。