食育のメリット

食事は生きていくうえで必ず必要なものである上に、人と人とを結ぶ基本的コミュニケーションの場となったり、量、質、バランスを考え健康的に生きるための役割など広い意義を持っています。

このような食事を通して人が健全・健康に生きていくことを食育と言います。

今、子供時代から健全な食育を進めていくことが大きなメリットをもたらすとして注目されつつあります。

体温調節やエネルギー摂取により、健康的に成長していくことを目指すことは大変大事です。

しかし、それ以上に大切なことは、子供に食事の楽しさを伝えることです。

食事のリズム、つまり、食事をし、空腹感を覚え、次の食事を待ち、満腹になるという過程を教え、温かい環境の中で食べれることの喜びを感じさせることが重要なポイントとなります。

現代の子供たちは、朝食を抜くことが多かったり、間食や夜食を過度にとってしまうなど食事のリズムを乱しがちです。

不規則な食生活は健康面での問題もありますが、最も問題なのは一回の食事を大切にしないことです。

子供の食生活を守ることは、周りの大人の助けが不可欠です。

幼いころから正しい食育を行うことで、健康かつ、食事をすることや材料となっている命に感謝できる豊かな子供を育てることができます。