食育を学ぶには

食育を学ぶには、畑や田んぼで農業をすることが早道です。

自分で農薬をあまり使わずに野菜や果物を育てて、悪天候や虫害などの対策を経て収穫に至ることができれば、できた食物をその場で食すことがどれほど贅沢で栄養のあるものかが実感できるはずだからです。

実際には誰もが経験できるわけではないので、収穫までの過程と苦労は想像するしかありません。

ですから食育の基本は食べ物を大事に扱うことや命を頂いていることをきちんと自覚することから始まります。

また油分や糖分の多い食べ物を食べることで体にとってどういう影響があるかどうかもきちんと学ばなければなりません。

たまにスイーツやスナックを食べることは自分へのごほうびとして精神面にとっても必要なことではありますが、体に吸収され栄養となるまでにたくさんのエネルギーを必要とすることを学ぶ必要があります。

若いうちに食育の必要性を感じて食べ物に気を使うようになればいいのですが、無理をしてしまっても体力があるので平気だったりすることが後々年齢を重ねてからの体に悪影響を与えてしまいます。

スポーツをするにも勉強をするにも、エネルギーや栄養の知識は役に立ちますのでしっかりと学ぶべきです。